トップイメージ
自動車損害保険には任意保険あるいは自賠責保険のふたつのタイプがあります。任意保険、自賠責保険の双方ともに、いざという時のトラブルに遭遇したときの補償を想定したものですが、内容は違っています。2つの保険をよく見ると補償が可能なものが同じではありません。事故の相手に対しては任意保険あるいは自賠責保険どちらでも補償します。自分自身については、「任意保険」のみで補償されます。自己の所有する財産に対しては、[任意保険]のみによって補償されます。自賠責保険それのみでは、自分自身への傷もしくは車両への補償などのサポートは受けられません。次に相手への賠償などですが自賠責保険においては亡くなられた場合は最高3000万円、後遺障害時上限額4,000万などといったようになります。ただし賠償額が先に挙げた値段を超えることはよくあることです。また加えて事故の相手方の所有する愛車・建築物を破損してしまった場合、害を加えた人による全くの自己賠償となると定められています。ですから任意保険という別の保険が必要なのです。被害者に対する援助が主眼となっている任意保険という制度ですが、それとは違う補償内容があります。相手方へは、死亡時もしくは負傷の他にも、マイカーや家などの対象物を賠償します。自らに対しては同伴者も入れて死亡時あるいは怪我を賠償します。自分の財産に関しては車を賠償してくれるのです。こういった様々な面においてサポートが充実しているのが任意保険最大の強みです。掛け金の振り込みはもちろん必要となることは仕方ないですが、事故を起こした時の相手方のためにも自分を守るためにも乗用車に乗るのであればぜひ任意保険に契約を結んでおくに越したことはありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.xcdpc.com All Rights Reserved.