トップイメージ

一般的に、クレカの限度額がユーザーが普段利用する以上にゆるめに決めいていると顧客は問題ないと誤解し、むやみにクレジットカードで支払ったりするようです。

このようなクレカ使用過多を避けるため使用できる最高額を前もって低く申請しておこう・・・という提案がこれから提案する文の主な考え方です。

月の利用限度額の引き下げ方◇使用カードの月の利用限度額を減らす手順は限度額を上げる手順と同様、なんとも便利です。

クレカの背面にプリントされているサポート番号に連絡して、「月ごとの限度額を引き下げてもらいたいです」と相手には申請するだけです。

すでにある月ごとの限度額より低ければ査定なしでスムーズに限度額の引き下げが可能となります。

月の限度額をコントロールしておくのは自分を守ることとも結びつく▼カードの月の限度額を減らしておくことは自制という益だけではなく自分を守ることとも関連が深いものです。

もしも、あなたのクレカが盗られて勝手に使用されるトラブルでもあらかじめ手持ちのカードの月の限度額をきつく設定していたなら害を最小限にとどめることができるからなのです。

心配する必要はないけれど想定外にも乱用されてしまったような場合でもカード利用者に過失がないなら盗難保険というカード保険が加入者を守ってくれるし心配することではないのですけれどもしものことを想定して、多めの利用限度額は少なくしておいたら万全でしょう。

使うことのない金額はメリットのないことにすぎません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.xcdpc.com All Rights Reserved.