トップイメージ

外国為替平衡操作(為替介入)というのは聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞、雑誌記事、TV、グーグルの情報で見かけたみなさんもたくさんいると思います。男 陰毛 脱毛

元より為替介入(外国為替平衡操作)といえば我が国の場合、・大臣(財務大臣)円の相場の安定を実現するように実行する方策ということで使われています。所沢 交通事故治療

簡潔に言えば、かなりの円高・円安の時に財務大臣の言いつけによって中央銀行である日銀が円を取引することで相場の安定性を狙う、ということです。

為替介入(外国為替市場介入)には方法が何通りかあります。

1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が東京市場において自ら市場に入って外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合い、それぞれの通貨当局の金を利用してタイミングを合わせてあるいは時々為替介入(外国為替市場介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の銀行などに対して外国為替市場介入(為替介入)をお願いする。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に代えて為替介入を実施する。

このように方法です。

いずれの種類の為替の介入も一時期、または連続して為替のレートに大きな影響力を与えると思います。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当たり前ですが国家の権威をかけているのですから桁違いです。

円を元に考えると、いつもは数銭単位で変化する為替相場が唐突に数円単位の変化をするのです。

個人の投資家の方ならこれまでに体験したと思うのですが、そこまではうまく含み資産(もしくは含み損)が多くなっているポジションを保っていたところへ、持っているポジションが決済しましたとの報告が業者よりEメールが来ました・・・いくら得したのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済後の通達を見たところ、自分の中で見込んでいた結果とは真逆の状況となり驚いてしまったとのケースがあります。

外国為替市場介入(為替介入)が実施された時によく起こることです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替市場の流れと正反対の変化をするものなのです。

なおかつ変動する金の範囲は非常に大幅に動きますので注意しましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.xcdpc.com All Rights Reserved.